1/144 ジュアッグ

2006年5月16日 (火)

1/144 ジュアッグ その1

その2(素組編)へ(2005/05/15完成!)

バンダイ
1/144 ジュアッグ MSM-04G
1982/8発売
525円(税込)

【箱絵】
box 

 
 
 
 
 
 

当時の小学生たちを熱狂させたガンプラ。
その熱気は留まる事を知らず、発売元であるバンダイは、劇中のメカのほぼ全てをキット化しました。
しかし、その当時、劇中には登場しない異様のモビルスーツが4種発売されました。
そのうちの1体が、このジュアッグです。

ジュアッグはその他の3種(アッグ、アッグガイ、ゾゴック)と共にジオン公国側の地球侵攻用MSとして開発されたらしく、形式番号にもある通りMSM-04アッガイの派生機という括りになっています。
しかし、これら4体はなぜ劇中には登場しなかったのでしょうか?
一説によると、そのあまりのデザインの異様さが劇中の雰囲気をぶち壊しにするという理由で没にされたとか、低視聴率ゆえに打ち切りが決定した劇中の、ストーリー的にカットされた部分に登場する予定だったとか言われていますが、今では定かではありません。
現在ではきちんとした設定が後付けされ、開発はされたものの生産にはいたらなかった幻の機体であり、試作機が存在した程度と言われています。
余談ですが、機動戦士ガンダムZZの劇中にアッグガイが登場しています。
これはおそらく、いずこかに残されていた機体データを元に誰かが後に組み上げたものだと思われます。

さて、そんなエピソードを持つジュアッグですが、今回僕がこの作品を作ることになったのはワケがあります。
某SNSの友人で、ジュアッグを愛して止まないという方が居られ、話の流れで盛り上がり、僕が製作を申し出たところ、向こうも承諾、そして我が元にやってきたというわけです。
兼ねてから僕のガンプラ製作は副業であると言っておりますが、今回もご多分に漏れずちゃんと製作代をいただいております。
大量の餃子を。
餃子大好きです。
大感謝。

【ランナー】
runner 

 
 
 

さて、箱を開けてみると、最近の色プラに慣れている人ならば目を疑うほどの単色ランナー。
ガンダムSEEDのコレクションシリーズでもコスト削減のため単色成型のキットがありましたが、この当時はこれが標準スタイルだったんですよ。
しかし…ジュアッグの設定色ってこんな色だったか?
もうちょっと黄色っぽい様な印象なんですが…。

【キビシイ…】
gert 

 
 
 

そしてどういう理由かは知りませんが、ランナーとパーツの間が極端に狭いところがいくつか見られました。
ゲートがほとんどありません。
もうランナーから外す段階で薄刃ニッパーをピタリと当てるような感じです。
薄刃ニッパー買っておいて良かった。
旧キットならではですね。

【仮組3面】
sugumi1sugumi2sugumi3 

 
 

さて、見ていただければ判るとおりの物凄い異形です。
設定画を忠実に再現したユーモラスなスタイリングなんですが、正直コイツとアッグガイは、宇宙生物と見紛うようなデザインです。
これが個性的で良いという声もあるようなんですが…何故没になったかも良く感じ取れますね。

キットを素組みしてみた感想としては、大変出来が良いです。
もちろん単色成形だったりポリパーツ使われてなかったり、現在のプラモからすると不満点だらけなのですが、それを補って余りある再現度。
普通に組むだけで、誰が見ても満足するジュアッグです。
可動範囲も割と広めです。
モールドの甘いところがいくつかあったくらいですが、これは彫り直しすれば問題無しです。

あぁ、やっぱり旧キットは味があるなぁ。
ジュアッグ製作を終えたら、フルアレンジ版でアッグガイを作りたくなってきました。

【素組完成品】
Dsc01825_1 Dsc01826_1 Dsc01827_1 Dsc01828_1 Dsc01829_1  

 

 

旧キットの素組ってすんごく難しいです。
挟み込みは多いし、マスキングも多いし、合いは悪いし、可動部はすぐへたるし、etcetc…。
でも何とか完成。
大きな仕事を追えた後は、酒が美味いぜ(謎)。
(激闘の日々はこちら)

【設定画】

msm-04g
  
 
 
 
 
 
さて、広大なネットの世界を彷徨うと、時に珍しい物に出くわすこともあります。
この設定画もそのひとつ。
右手がキャノンランチャーでなくマニピュレーターハンドになってますね。
ジュアッグには腕部の交換機能があったらしく、この外にズゴックのようなアイアンネイルを装備するバリエーションもあったそうです。
…また通好みの設定を…。

ではでは。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年5月15日 (月)

1/144 ジュアッグ その2(素組編)

その1へ

2006/05/15完成!!

ども、YSJッス。
作業の進行状況を、追ってレポートしていきましょう。

さて、依頼主様から送られたジュアッグは3体。
1体は昨晩の時点で仮組みした物ですが、これは当分このままにしておきます。
もう1体は素組で製作し、残りの1体はフルアレンジを加える予定です。
こちらでは素組で製作する物をレポートしていきます。
完成まで随時追加していく予定です。

【2005/12/07】
20051207 

 
 
 

脚部の蛇腹部分と、腕と、首と、鼻を接着しました。
後ハメ加工は敢えて無しの方向で。

【2005/12/08】
20051208 
 
 
 
 
キャノンランチャーの砲身6本と、肩部ならびに太腿部、鼻基部、ランドセルのバーニアを接着。
一時的な接着作業はほぼ終了。
上腕部と太腿部のロールが妨げられないように細心の注意を払っての接着作業はなかなかしんどいです。
さりげなく、後ハメ加工のありがたみを知るとともに、旧キットの敷居の高さに脱帽。

【2005/12/13】
Dsc01762 
 
 
 
 
接着部のムニュ削りと、その他パーツのゲート処理(サンドペーパー400番)を終えた段階です。
接着部分も合いの悪いところやモールドがかみ合わない部分があったりするので、この後は激しい表面処理が待っています。
頭部モノアイ部分のつや消し黒塗装もしました。

【2006/01/05】
Dsc01775 
 
 
 
 
前日にはベースホワイト吹き終えていたんですが、レポート写真撮り忘れていました。
で、現状はこんな感じ。
首、肩、足の蛇腹部にMr.カラーの軍艦色1を吹きました。
どうも店頭に長期間放置されていたカラーらしく、フタを開けたら溶剤が揮発して半固形状態でした。
加えて、しばらくハンドピース(XP-725)を使っていなかったため、ノズルが詰り按配でした。
定期的にメンテナンスしないとダメですね。

【2006/01/06】
Dsc01776 
 
 
 
 
昨晩軍艦色1を塗ったところにマスキング。
その後、ベースホワイトを吹きました。
明日はダークイエロー吹けると良いなぁ。

【2006/01/10】
Dsc01781Dsc01782Dsc01783 
 
 
 
 
ちょっと間が空いてしまいましたが地道に作業は続けてました。
ダークイエローを吹いたところ(左)、マスキングを外したところ(中)、並べたところ(右)です。
箱絵と比べてみても、いい感じの色が出たと思います。

【2006/01/11】
Dsc01784Dsc01785 
 
 
 
 
で、塗装の済んだ部分に光沢クリアーを吹きました。
塗面の保護と、スミ入れの毛細管現象をスムーズに発生させるためです。

【2006/01/18】
Dsc01786 
 
 
 
 
作業は第2段階に移行します。
前回までに作成した部位をはさみ込むパーツで、内部が完成後に見えてしまうだろう部分につや消しブラックを吹きました。
ボディパーツ、靴の中、ランドセルの中です。
最初筆塗りでブラックを塗っていたのですが、塗料を薄めすぎたので急遽エアブラシ塗装に切り替えました。
サフ吹いてませんが、あまり目立たない部分ですのでこれでヨシです。

【2006/02/02】
06-02-02_09-47  

 

 

 

 
見て分かるでしょうか?
これはジュアッグの足の裏です。
平面出しをしているところなんですが中心付近にツヤが残ってます。
旧キットはこういう表面処理が全体的に多く、大変手間が掛かるものなんですね。
改めて実感しました。

【2006/03/23】
随分とUPに時間が掛かってしまいましたが、色々とありましたのでご容赦。

Dsc01790 Dsc01791  

 

 

上の写真は1月中の状態です。
つまり前回UPした写真よりも前の状態ですね。
合わせ目のムニュが黒いのは、パーツ内部に塗った黒い塗料が溶け出したからです。

Dsc01792  

 

 

上の写真は腕と足のパーツ、ランドセルの合わせ目消しを終えた状態です。
肘に当たる部分はパーツの合いが物凄く悪く、修正に物凄く手間が掛かりました。
これだから旧キットは…。

Dsc01793  

 

 

最後に張り合わせる胴体以外のパーツの表面処理が終わった状態です。
これでようやくサフ吹きに入れます。
今月中には完成させたいですね。
…その胴体パーツの修正にどのくらい時間が掛かるか、未知数なのですが。

【2006/03/29】
Dsc01794  

 

 

サフ吹きました。
やっぱり修正しきれていない部分があります。
もうちょっと直しが必要かな。

Dsc01795  

 

 

で、修正の必要なさそうな部分を塗装。
足の艦底色と、バックパックのミディアムブルー。
他にホワイトも吹いたけどいまいち発色悪し。

【2006/03/30】
20060330a 20060330b  

 

 

マスキングして、軍艦色1とダークイエローを吹いた。
この後問題発覚。
以前に吹いたダークイエロー部と今回吹いた部分との色合いがおかしい。
たぶん下地にベースホワイトを吹いたか吹かないかの違い。
さぁて、どうする俺。

【2006/05/02】
20060502  

 

 

結構間、開いちゃいましたが。
問題の箇所はどうしたかっちゅうと、以前吹いた部分も含めてもう1度マスキングし直してダークイエロー吹き直しました。
以前の作業、丸々無駄。
赤も吹き、残るはボディ部だけです。
まぁ、細かいところの修正もあるんですけど。

【2006/05/04】
20060504a  

 
 
 

モノアイをピンクに。
実はコレが相当の曲者でした。

以前、ベースホワイトを吹き、その上にピンクを筆塗りしたんですが、溶剤の希釈が間違っていたらしく、下地が溶け出してすごい色に。
ヤスリで塗料を削り落とすついでにヒケ処理も行い、エッジも色を乗りやすくしました。
そこで、以前何かの本で見た「蛍光ピンクの下地にシルバーを吹いておくと、輝くような発色になる」というのを試そうと思い、マーカーのメッキシルバーを塗る。
しかし、メッキシルバーはムラだらけ。
それでもどうにか色を乗せ、蛍光ピンクをエアブラシで吹き付けた。
でも、あまり良い色が出ない。
おまけにマーカーは食いつきが良くないので、ちょっと触ったらボロボロはがれた。
泣く泣くまた削り落とし、その後に普通にシルバーを吹き、その上に蛍光ピンクを吹きました。
…そしたら蛍光ピンクのヤロウ、シルバーを完全に隠蔽しやがりました。
意味ねーじゃん!
おのれM〇X渡〇!!
それでも何とか蛍光ピンクの上に光沢クリアを吹いて、モノアイは完成。
たかがモノアイ、されどモノアイ。
こいつをおろそかにすると、まさに画竜点睛を欠く、ですね。

その他はバーニアと、ビームノズルに赤を吹きました。

20060504b  

 
 

あと、個人的に大失敗。
今回はキットの素性を活かして完全素組みのつもりでしたが、ついうっかり肩基部のパーツを形状修正してしまいました。
まぁ、気になっちゃった物はしょうがないよな…。

【2006/05/05】
060505_0722 060505_07221  

 

 

 

 

ボディの合わせ目消し終了。
肩基部の形状修正も終わり、目立てヤスリでモールドを掘り込みました。
写真の状態は400番の紙ヤスリをかけ終えた状態です。

【2006/05/06】
060506_0736 060506_07361  

 

 

 

 

600番→1000番の紙ヤスリをかけ終え、ベースホワイトを吹いた状態です。
ちょっと気泡の跡が残ってしまいましたが、目立たない部分なので黙殺。
それにしても、こんな感じのメカ、オーガスか何かで見たような気がします。

【2006/05/07】
060507_0722 060507_07221  

 

 

 

 


胸部インテークに黒鉄色、股間にダークイエローを吹きました。
あとはマスキングしてボディに茶色を吹けば、大体の塗装は終わりです。

【2006/05/08】
060508_0720  

 

 

 


 
ボディとビームノズルに茶色を吹きました。
茶色が少し明るいような気もしますが…。
ちょっと焦って表面に指紋を付けてしまいましたが、良い感じに完成に近づいています。

【2006/05/10】
060510_0719  

 

 

 

 

全面にスーパークリア光沢を吹きつけ。
実は、前日焦ってエナメルの黒でスミ入れをしたところ、つや消し状態の塗面の粗い部分に色が凄く滲んでしまい、大失敗。
エナメルシンナーで一生懸命色落とししましたが、落としきれませんでした。
ウェザリングみたいです。
最後に来てミスすると、痛いなぁ。
光沢を吹いたので、この後改めてスミ入れです。

【2006/05/12】
060512_0808 060512_0809  

 

 

 

 

スミ入れ完了。
各部の接着も終え、いよいよつや消しを吹くだけとなりました。
…長かったなぁ…。

とは言うものの、物凄くミスの多い作品となってしまいました。
依頼主様になんとお詫びしたらいいのか…。
スミ入れの失敗をリカバーするために、エナメルシンナーでスミ入れ部分の色を落としまくった結果、あちこちにひび割れが生じました。
ひどくならないうちに流し込みタイプの接着剤で補修しましたが…、もしどうにもならないときは…どうしよう。

 

060512_08091 

 
 
 
 
 
 

アクションポーズとか(笑)。
腕の3連装キャノンランチャーが扇子のように見えるので、日舞を意識してみたり。
各部はよく動くのですが、下半身のバランスが悪い上に股関節がゆるいのであまり大きく動かせなかったり。

060512_0810 

 
 
 
 
 
 

コレクションのフリーダムと並べてみる。
遠近感のせいか、ジュアッグ、でかく見えるなぁ。

【2006/05/15】

ついにジュアッグ完成。
とくとご覧あそばせ。

Dsc01825Dsc01826 Dsc01827 Dsc01828 Dsc01829  

 

 

カラーリングレシピは


本体黄色:ダークイエロー
本体グレー:軍艦色1
ホワイト部:ホワイト
胴体:ブラウン
脚部等こげ茶色部:艦底色
脚部等赤色部:レッド5(ガンダムカラー)
ランドセル:ミディアムブルー
モノアイ:蛍光ピンク
モノアイレール:つや消しブラック
スミ入れ:ブラック(タミヤエナメル)
カラーは特に指定の無いところはすべてMr.カラー。

仕上げ:スーパークリアー半光沢

股関節プラプラです。
ポーズ付けるのも結構むずかしい。
5枚目は武器であるキャノンランチャーを構えたところですが、この武器って弾倉はどこなんでしょう?
根元に関節があるから、そこより上って事は無いでしょうし、ビーム兵器では無い設定ですし。
各1発だけの使い切り兵器なのかっ!?

デザインアレンジする時はその辺に気を遣おう。

こいつは製作依頼されたものなので、ヤフオクには出しませんよ。
悪しからず。

ではでは。 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

1/100 デスティニーガンダム | 1/100 MG ガンダム(Ver.1.0) | 1/100 MG ガンダムF91 | 1/144 HGサーシェス専用AEUイナクトカスタム(アグリッサ型) | 1/144 HGUC ザクI | 1/144 HGイージスガンダム | 1/144 カラミティガンダム | 1/144 ガイアガンダム | 1/144 ジムキャノン | 1/144 ジムスナイパーカスタム | 1/144 ジュアッグ | 1/144 ストライクフリーダムガンダム | 1/144 ターンAガンダム(∀ガンダム) | 1/144 フリーダムガンダム | 1/144 モビルスーツゲイツ | 1/144 HG モビルジン | 1/144 M1アストレイ | 1/400 ガンダムコレクション ミーティアユニット | otaba | VOCALOID | がくぽ新曲紹介生放送 | がくぽ生放送2010/08 | がくぽ生放送2010/09 | がくぽ生放送2010/10 | がくぽ生放送2010/11 | がくぽ生放送2010/12 | がくぽ生放送2011/01 | がくぽ生放送2011/02 | がくぽ生放送2011/03 | がくぽ生放送2011/04 | がくぽ生放送2011/05 | がくぽ生放送2011/06 | がくぽ生放送2011/07 | がくぽ生放送2011/08 | がくぽ生放送2011/09 | がくぽ生放送2011/10 | がくぽ生放送2011/11 | がくぽ生放送2011/12 | がくぽ生放送2012/01 | がくぽ生放送2012/02 | がくぽ生放送2012/03 | がくぽ生放送2012/04 | がくぽ生放送2012/05 | がくぽ生放送2012/06 | がくぽ生放送2012/07 | がくぽ生放送2012/08 | がくぽ生放送2012/09 | がくぽ生放送2012/10 | がくぽ生放送2012/11 | がくぽ生放送2012/12 | がくぽ生放送2013/01 | がくぽ生放送2013/02 | がくぽ生放送2013/03 | がくぽ生放送2013/04 | がくぽ生放送2013/05 | がくぽ生放送2013/06 | がくぽ生放送2013/07 | がくぽ生放送2013/08 | がくぽ生放送2013/09 | がくぽ生放送2013/10 | がくぽ生放送2013/11 | がくぽ生放送2013/12 | がくぽ生放送2014/01 | がくぽ生放送2014/02 | がくぽ生放送2014/03 | がくぽ生放送2014/04 | がくぽ生放送2014/05 | がくぽ生放送2014/06 | がくぽ生放送2014/07 | がくぽ生放送2014/08 | がくぽ生放送2014/09 | がくぽ生放送2014/10 | がくぽ生放送2014/11 | がくぽ生放送2014/12 | がくぽ生放送2015/01 | がくぽ生放送2015/02 | がくぽ生放送2015/03 | がくぽ生放送2015/04 | がくぽ生放送2015/05 | がくぽ生放送2015/06 | がくぽ生放送2015/07 | がくぽ生放送2015/08 | がくぽ生放送2015/09 | がくぽ生放送2015/10 | がくぽ生放送2015/11 | がくぽ生放送2015/12 | ガンプラ | ギター | ドラクエ9 | ニコ動マイリスト | バトスピSNS | バトルスピリッツ | ヴァイスシュヴァルツ | 偏見感想室 | 健康管理 | 初音ミク | 巡音ルカ | 日記・コラム・つぶやき | 鏡音リン・レン | 食い物 | GUMI | KAITO・MEIKO | mixi